僕もハワイアンアーティストとしても、フラの講師・振付師としても、

年に最低1度はハワイに渡って現地の仲間やアーティストの皆さんと交流をしたり、ハワイの楽曲に登場する地を巡ったり、新しく曲のイメージを掴むために初めての場所を訪れてみたりとか。

そんな時間も必要なんです。

日本でフラを学んでいる皆は毎年ハワイに行くということは金銭的にも時間的に大変になってしまいますので、せめてフラを教える講師、先生方からのお話を聞いたり、ハワイアンミュージックのアーティストのコンサートやライブでアーティスト達のお話を聞いたりするだけでも、また少しハワイについて学ぶ事ができますよね。

フラに登場する曲に多いのが、ハワイの固有の花や土地、人々が曲の題材になっているので、実際に見て・触れて見ないといざ踊る時に『表現』をする事って難しいですよね。

そのために、フラの講師やハワイアンミュージックのミュージシャンやアーティストは自身でハワイそれぞれの自然を感じて、伝えて行く必要があるんです。

僕はそのためにハワイに向かい、日本では感じられないハワイの自然を再確認させて頂いたり、今まで訪れた事のない場所を巡ったりします。

そして、その経験をフラスタジオのレッスンで生徒の皆さんにお話したり、ライブに聴きに来てくださった皆さんにお話させて頂いたり、特に大きく印象に残った時は新しく曲が誕生するときもあります。

ハワイ(特にオアフ島)はショッピング天国と言われる世界有数のリゾート地ですが、

オアフ島の中にももちろん、他のハワイ諸島ではフラソングに登場するとても美しい自然が感じられます。

でも、フラソングと簡単に言っても『詩』ですからね、作曲者・作詞家の秘めた深い思い等も各曲に詰められているので、その地や自然を見たからと言って曲が解読出来るわけではありませんが、『その曲』の『題材となった場所・自然』を感じることは初めの一歩としてはとても良いですね。

是非、皆さんが次にハワイに行く際は、

リゾートのハワイとはまた違う顔のハワイを満喫して見てください!