なかなかブログがアップ出来ず、大変申し訳ありません。皆さんお久しぶりです、Kaulana Toyoです。

無事Hula ‘Oni Eハワイ大会への遠征も終え、出演メンバー共々たくさんの経験が出来た旅となりました。

どこから始めたら良いのやら・・・

コンペの結果に関しては惜しくも入賞ならずと言う形で終わったのですが、それ以上のものを得る事が出来ました。

まずは、ハワイで100%のサポートをして下さった皆さんご存知のDela Cruz兄弟のお二人。彼らのお知り合いの皆さんがヘア、メイク、レイや髪飾り、ミュージシャンを手配して下さり一番不安だった所をすべてカバーして下さいました。日本では短い期間の中大会用にオーダーメイドドレスを仕立てて下さった小堀先生。ハーラウのためにフリーマーケットの寄付、先生たちへのお礼を持たせて下さったハーラウの皆さん。出場するメンバー皆がより輝くために動いてくれたAlaka’i Alohalani Michiyoと親父(社長)、僕のキツーーーい指導に付いて来てくれた出場メンバー、お忙しい中僕たちのハーラウを応援して下さったアニーさん、体調が優れないのに暑い指導をして下さったジーン先生、この様な素晴らしい繋がりを僕に持たせて下さったレイラニ・アラマ先生。

14317409_1100228550055105_7639947356829691809_n

14329959_1100229030055057_5392461767563731402_n

すべての皆さんが今回のハワイ遠征を支えて下さり、とても貴重な経験をさせて頂く事が出来ました。

皆で先生のお墓に行く事が出来て、ハーラウの皆からのお花やレイも届ける事が出来て、先生のお墓を囲んで先生に踊りを捧げる事が出来て、先生を僕たちが繋がる事が出来ました。

14379702_1137578906321913_7229225915033445560_o

先生がお亡くなりになってからジーン先生となかなかお会いする機会が無かったのですが、久しぶりにお会いしたジーン先生と今まで以上に心で繋がる事が出来て、その大切なジーン先生をコンペではジャッジよりも前で先生の遺影と共に踊りを観て頂きました。踊りが終わり、ステージから車いすで降りて来たジーン先生の目には涙が流れ僕に『Kaulana, Thank you』の一言。アラマ先生の遺影を持ったジーン先生から頂いたその涙と一言以上の物は僕にはもう必要が無かったです。

音楽もフラも僕は愛の贈り物だと思っています。一つ一つの曲に大切な存在への思いが宿る中、一番大切なのはその相手に思いを届ける事が出来ることだと思っています。それを僕達はコンペ会場で披露した7分間の音楽とフラでしっかりと大切な人達に届ける事が出来ました。

本当に最高な結果です。これ以上はないでしょう。

もっともっとお話しした事で山積みですが、とりあえず今日はこんなところで・・・

Mahalo Nui!