1月ももう終わりですね・・・

早い!

今年も1月から新しい生徒さんもご入会頂き、今年初めからKaulana Toyo Hula Studioますます盛り上がっております。

もう10年もハーラウ(スタジオ)をやっていると、

それぞれのクラスにそれぞれのカラーや雰囲気を持つのですが、

各クラスに10年ずっと通ってくださっている生徒さんが通われているので、どのクラスに新しく参加される生徒さんもすんなり馴染んでいきます。

10年も通っている生徒さんはハーラウやハーラウのフラスタイル、クム(レイラニアラマ)への思いがとても強く、もっと色んな方にフラの楽しさや美しさを知ってもらいたいという気持ちみたいです。なので、新しく生徒さんが入会される際は皆さんとても喜んで下さります。

元々スポーツが大好きでフラのかたわら、学生時代は部活に明け暮れていたので、スポーツマンシップやフェアプレー、ポジティブマインドを常に意識するようにしています。

スポーツの中でも、団体種目(サッカー、バスケ、バレー、など)の良さは『仲間のミスは皆のミス、自分の得点は皆の得点』といった良い事も悪い事も皆で分かち合う事ですね。

大人になると、自分の人生を自分の意思で歩むことが出来るようになり、自分で責任をとる事を学びます。自分が努力すれば、自分が成功する。自分が失敗をしてしまったら、自分で責任をとる。

そうなってくると、同じ仲間もライバルとなり、嫌な事からは責任逃れを考えたり、最悪の場合、自分が優位になる為に本来同じ仲間のはずのライバルの失敗を望んだり・・・

確かに責任感を持つ事はとても大切な事ですが、部活時代に培ったチームプレーやスポーツマンシップの心を忘れてしまうのは勿体無いですね。

なぜ僕がこの話をしたかというと、

普段から色んな方々と色んな所で関わらせて頂けるようになりました。

特に気持ち悪いのが、互いが本心は気『嫌い』なのに愛想良く振舞って、互いを利用する為だけに付き合いがある関係。

僕は基本その人の持っているものではなく、その『人』を見ているので、人として合わない方とのお付き合いは一切しないんです。

人として好きでいられないと、そん人やその人達に対して先程お話に出た『仲間のミスは皆のミス、自分の得点は皆の得点』のOne For All. All For One.の精神は生まれてこないですよね。

僕はKaulana Toyo Hula Studioが好きだし、きっとKaulana Toyo Hula Studioの皆さんもこのハーラウを好きでいてくれていると僕は分かります。

きっとその志が入会して下さる新しい生徒さんに伝わり、入会したその日から楽しくフラを続けて下さり、いつしかKaulana Toyo Hula Studioのメンバーまた新しいメンバーを歓迎してくれる様になっていくのかもしれないですね。

そんな事を考えていた1月末でした。

また2月も楽しくフラを学んでいきましょう!